意外に知られていないディーラーの選び方

ディーラー選びって意識したことありますか?

 

 

例えばトヨタディーラーと一言で言っても、

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店がありますね。

アクアのような戦略車は全店舗で扱っているのですが

普通は扱っている店舗が限られていますのでなかなか

ディーラーを比較する人は少ないようです。

 

 

このページをご覧の方には是非意識して頂きたいのですが、

欲しい車がほぼ決まった時は、最低でも

同じ系列のディーラーを2つ以上比較される事を

オススメします。

 

 

ディーラーの営業さんはとっても属人的で、

「できる人」もいますが「できない人」も多いです。

貴方にとって一番「良い担当者」は、

貴方が何を望んでいるかちゃんとヒアリングしてくれて、

それを最適な形で提案してくれる、

それでいて悪い情報もちゃんと教えてくれる担当者、です。

 

 

やっぱりできる人ほど、そういう点を押さえていますが、

「できない人」はいかに売りつけるかに主眼を置くので

もうすぐマイナーチェンジがあると言った情報すらも教えてくれない事があります。

 

 

欲しい車が決まっていると、相手の人間性よりも

価格や車のスペック、納期に意識が行ってしまいがちです。

でもよくよく考えてみると、その営業担当者は

車を買った後もずっとお付き合いをする事になります。

定期点検や、ちょっとした不具合の相談

3年後には次の車検、あるいは人によっては

次の車の相談が始まります。

 

 

ちょっとした不具合が発生して修理する際に

代車をどうするとか、違和感がある内容を徹底的にチェックしてもらうとか、

マイナーチェンジの情報をいち早く教えてくれるとか、

次のメジャーチェンジのタイミングとか、

その一つ一つは些細な事なのかも知れません。

しかし、積み重なるととてつもないインパクトになります。

 

 

店舗が違う中で同じ車の話をすると、

彼らが持っている情報は同じなので、

商談を1時間もしてみれば

スキルと人間性の違いがモロに出ます

 

 

結論です。

車を選ぶ際は、担当者で選ぶ事をオススメします。

例えば値引き額が違ったり、

オプション品の付け方が違ったりで

悩ましい事もあるかと思いますが、

最後は「xx店がxx円でオプション~~を付けてくれると言っているが、

xxさんから買いたいので何とかしてくれないか。」

と言えば8割方成功します

 

 

店舗を比較する際に少しくらい遠いディーラーであったとしても、

担当者で選んでおけば後悔が少ないです。

ご参考になりましたら幸いです。

 

 

トップページに戻る

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ